貝塚市議会議員

活力あふれる 貝塚の未来へ!

いずはら秀昭

プロフィールProfile

生年月日
昭和46年1月10日 貝塚市生まれ
学歴
  • 貝塚市立南小学校 卒業
  • 貝塚市立第四中学校 卒業
  • 大阪府立貝塚南高等学校 卒業
  • 清恵会第二医療専門学院 理学療法士科 卒業
職歴
  • 公立忠岡病院、市立貝塚病院リハビリテーション科にて、地域医療に24年間奉職
  • 大阪府議会議員秘書
  • 2019年4月貝塚市議会議員選挙初当選3年目
  • 理学療法士
  • ケアマネジャー
  • 貝塚商工会議所青年部会員

ご挨拶

新型コロナウイルス感染症の猛威はとどまる事を知らず、日常生活や事業活動が制限される中、市民の皆様には、感染防止対策へのご理解とご協力に感謝いたします。
不安を抱えている市民の皆様や事業者の方々と接する中で、「市民の皆様と団結し、新しい貝塚のまちを創りあげていきたい」という想いをさらに強くしました。というのも今日社会は大きく変化しており、来るべき災害への備えや、在宅医療と介護の連携など、引き続き取り組むべき課題が多くあります。そして国では少子化対策として⾏政組織「こども庁」の創設を提案しています。
これに先駆けて、貝塚市でも「あらゆる家庭で安⼼してこどもを産み育てられる環境を実現する」ことに全力で取り組みます。
これからも市民の皆様のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

政策Policy

全ての市民が輝けるまち貝塚を目指して!

新型コロナ対策を徹底し、感染抑止に向けた体制を強化します。
  • ・小中学校の児童生徒が、登校かオンライン授業かを各家庭の希望に応じて選べる「選択登録制」や「オンライン授業参観・家庭訪問」を推進します。
  • ・今後も受診率低下が予想される、がん特定健診や特定保健指導の情報提供の向上を行い、疾病の早期発見と生活習慣病予防に全力で取り組みます。
  • ・新型コロナ感染症の影響受け、悪化している雇用情勢に、国・大阪府をはじめとする関係機関による支援と、時勢に応じた就労支援、さらに市民や事業者への幅広い市独自の支援施策をさらに強力に進めていきます。
未来を担うこどもたちが輝くまちづくりを進めます。
  • ・地方創生事業として、千石荘の貝塚養護学校跡地や廃校となる学校に、「 市民誰もが集えるコミュニティ空間」や「教育、福祉関連の公共公益施設」等の新たな魅力拠点の創出に取り組みます。
  • ・貝塚市民図書館が、地域の人々の居場所、交流や情報発信の拠点なるように、I C T化を行い利用促進を図ります。
  • ・インクルーシブ教育を積極的に推進します。また早期発見・早期療育から就労支援まで発達障がいのこどもへのサポート「発達障害外来の創設など」を推進します。
    ※インクルーシブ教育:障がいのあるこどもと障がいのないこどもがともに教育を受けること
「元気あふれる みんなのまち 貝塚」を理念にまちづくりを積極的に推進します。
  • ・市の玄関口である貝塚駅周辺の再整備を、積極的に推進して企業誘致を行い、かいづかの未来を創っていきます。
  • ・ 多くの市民が、市内の各公園で健康づくりやフレイル(虚弱)予防に取り組めるよう「健康遊具を設置」し、使い方などの介護予防教室を開催して、健康寿命の延伸を進めます。
  • ・犯罪の抑止や検挙率の向上に資するため、積極的に警察と連携しながら、貝塚市主導での、L E D防犯灯や防犯カメラの設置・維持管理を進めます。

お問合わせContact

お電話でのお問合せ
090-5971-9940

メールでのお問合わせ